審美歯科・ホワイトニング

  • ホーム
  • 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科

「以前治療した銀歯が目立ってしまう」「詰め物が欠けてしまったので長持ちするものにしたい」といったお悩みをお持ちの方におすすめなのが、審美歯科です。被せ物を使ったり、薬剤を使って歯を白くするホワイトニングを行ったりすることで、自然で美しく、かつ、機能的にも優れた口元を実現することができます。美しい口元は、清潔感のある若々しい印象を与えます。審美歯科によってワンランク上の生活を実現させましょう。

銀歯を白い歯に替えて見た目も美しい白い歯を手に入れる

審美歯科の治療とは、見た目が自然で美しく、また機能性にも富んだ口元を実現する治療です。銀歯や詰め物の見た目や機能が気になる方の問題を解消してくれます。

使用する素材は、自然な透明度があり天然歯に見た目が近いこと、装着時の違和感が少ないこと、また長年の使用にも耐えられる強度を持っているなど、さまざまな特徴があります。また、金属アレルギーの心配のないメタルフリー治療も可能です。

大阪府高槻市の宮地歯科医院では、噛み合わせも詳細に検査し、患者様一人ひとりのご希望にあった素材を選びながら、治療を進めていきます。

「金属アレルギー」とは?

金属アレルギーとは肌に接触した金属から溶け出した金属イオンが人の体のタンパク質と結合し、たんぱく質を変質させることで起こる接触皮膚炎です。ピアスやネックレスなど身につけるとかゆみやかぶれ、湿疹が出る方は、金属アレルギーかもしれません。

「アクセサリーをつけないから大丈夫」と思われがちですが、実は近年、昔、歯科治療で使われた銀歯が原因でアレルギー症状を引き起こすケースがあることが指摘され、問題となっています。しかも、アクセサリーなどとは違い、体全体にその症状が出る危険性があります。

審美歯科では審美性を重視して、セラミック素材がよく使われます。審美性はもちろんですが、メタルフリー治療が可能になるため金属アレルギーの心配がないことも、よく使われる理由です。金属アレルギーになった経験があるかただけでなく、原因不明の体調不良が気になる方もぜひメタルフリー治療をお試しください。

メタルボンド
金属製のフレーム表面にセラミックを焼きつけたものです。金属を使用しているので強度に優れていて奥歯によく使用されます。しかし、金属を使用しているため金属アレルギーに注意しなければなりません。

ハイブリッドセラミック
歯科用プラスチックであるレジンとセラミックを合わせて作ったものです。オールセラミックよりは少し審美性に欠けますが、強度が天然歯に近く、柔軟性があります。

ゴールド
金属であるゴールドを使用しています。天然歯に近い硬さなので、噛み合わせたときにほかの歯を傷つけることはありません。ほかの金属に比べるとアレルギーを起こしにくいのも特徴です

ラミネートべニア
セラミック製の薄い板を歯の表面に貼り付ける治療法です。歯の表面を削る必要がありますが、ホワイトニングでも白くならなかった歯を白くすることができます。また軽度の歯並びの乱れを矯正することもできます。

ファイバーコア
歯ぐきにコアと呼ばれる白い樹脂製の土台を埋め込む治療法です。コアにはセラミック製の被せものをします。金属製のコアを使用した時に比べると透けにくく、見た目が自然です。また柔軟性に優れていて折れにくいという特徴もあります。

ジルコニア
ジルコニアとは強度に優れ耐久性のある素材です。そのため奥歯など噛み合わせのときに強い力が加わる部分にも使用することができます。摩耗に対する耐久性もあるため、強度を保ったまま長年使用することが可能です。

e.max
審美性に優れているe.maxは、耐久性も備えたセラミックの素材です。自然の歯の質に近い透明感を再現することができるため、見た目に美しく違和感がありません。また、硬さも程よく、噛み合わせたときに自然歯を傷つけることがありません。

ホワイトニング

  • WEBをご覧になっている方限定
  • オフィスホワイトニング 20,000円(税込)

憧れの白い歯を自分のものに

歯の黄ばみ、黒ずみをコンプレックスに感じていませんか? 口は顔のパーツの中でもっとも大きい面積を占めています。それだけに、口元が他人に与える影響は小さいものではありません。

歯の色が気になる

口元がふいに気になり、確かめてみると歯が白さを失い、輝きがないと感じたことはありませんか?歯は加齢とともに白さを失い、黄ばんできます。またコーヒーをよく飲む、タバコを吸うといった毎日の生活習慣からも大きく影響を受けます。

歯が黄ばんでいると年齢よりも老けて見えますし、清潔感もなくなってしまいます。歯の色が気になってしまい思い切り笑えない、つい手で口元を隠してしまうというコンプレックスに感じている人も多いようです。ホワイトニングはそんな悩みを解消してくれます。昔のように白く輝く歯を手に入れ、口元に自信を持ちましょう。

ホワイトニング治療でできること

ホワイトニング治療には、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類があり、この2つを組み合わせたものをデュアルホワイトニングといいます。

ホワイトニングは歯の表面を覆う色素を取り除き、歯が持つ本来の白さを取り戻し、美しく仕上げます。ホワイトニングに使われる薬剤は安全性が高く、また歯を傷つけないものですので安心してお使いいただけます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べると即効性はありませんが、1~2年という長期間、効果を持続することができます。

患者様の歯型に合わせマウスピースを作製

あらかじめ患者様の歯型に合わせてマウスピースを作成します。

マウスピースに薬剤を注入

マウスピースは自宅に持ち帰り、ホワイトニング用の薬剤を注入し毎日一定時間装着します。

※当院では「松風シェードアップジェル」を使用しています。

指示された時間を守り歯に装着

ホームホワイトニングにはその装着時間の違いで2種類があります。デイタイプの場合は日中30分から2時間程度、ナイトタイプは寝ている間に装着します。

装着完了後、マウスピースを外しブラッシング

マウスピースを外したあとは、丁寧にブラッシングをします。

完了

歯の持つ本来の白さを取り戻し、美しく仕上がります。即効性はありませんが、長期間効果を持続することができます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に専用の薬剤を塗って特殊な光を当てます。早ければその日のうちに効果が実感できるため手軽で手間がかかりません。そのため近々のイベントに合わせて短期間でのホワイトニングが可能です。しかし、ホームホワイトニングに比べると持続性に劣るデメリットがあります。

歯の汚れを落としクリーニング

まずはブラシで汚れをしっかりと落とします。

保護剤を塗って歯ぐきを保護

ホワイトニング剤を塗布する前に、歯ぐきを保護するために保護剤を塗っていきます。

ホワイトニング剤を塗布

保護剤を塗った後は、ホワイトニング剤を塗布していきます。

※当院では「松風ハイライト」を使用しています。

特殊な光を照射

特殊な光を照射することで、歯を白くしていきます。

完了

1回の施術でもある程度の効果が得られるので、ホームホワイトニングの持続性には劣りますが、お急ぎの方におすすめです。

デュアルホワイトニング

当院ではホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を同時に進行させる「デュアルホワイトニング」も行っております。

2つの施術を同時に行うことで費用がかかりますが、それぞれのメリットを充分に引き出し、相乗効果でより白く、より長く効果を実感することができます。状態によっては半永久的に輝く白い歯を手に入れることも可能です。

ホワイトニングを受けるときの注意点

ホワイトニングの施術には以下のようないくつかの注意点があります。

  • 妊娠中の方、授乳中の方は薬物の影響が考えられるため避けた方がよいでしょう。
  • 虫歯や歯周病がある場合はまずはその治療を行わなければなりません。
  • 差し歯など天然歯以外のものは白くなりません。
  • (ホームホワイトニング)マウスピース装着時の飲食や喫煙はできません。
  • (オフィスホワイトニング)処置直後の歯は色素がつきやすい状態です。処置を行った当日、翌日はカレーやコーヒーなどの色素の強い飲食物は摂取しないでください。

このページの先頭へ