冷たいものがしみてきた??

冷たいものがしみてきた??

こんにちは!JR高槻駅直結の宮地歯科医院のスタッフです。だんだんと寒さがましてきましたね。風邪の予防には手洗い・うがいが大切ですが、冷たい水で歯がしみるな、なんてことはありませんか?もしかすると、その原因は噛み合わせかもしれません。

むし歯が原因で歯がしみることももちろんあるのですが、虫歯は無いのにしみて痛いという経験をされた方も多いかと思います。その原因は噛み合わせが強い時に起こってしまう、くさび状欠損かもしれません。

くさび状欠損とは強い力でくいしばると過度な力がかかった歯がたわみ歯肉との境目の辺りに少しずつひびが入りだんだんと欠けてきてまるでくさびを打ったようえぐれてしまいます。こうなってしまうと神経に近い面がでてきてしまい、しみる症状が現れてしまうのです。

くさび状欠損をそのままにしてしまうと冷たいものがしみたりむし歯になりやすい状態になってしまいます。

それでは、くさび状欠損になってしまったところはどうすれば良いのでしょう?

欠けてしまった部分を歯と似た色の樹脂で蓋をしてしまう、という処置をしていきます。くさび状欠損はむし歯ではないので削る必要はなく清掃後樹脂を詰めるだけです。

ただ、原因が咬み合わせの強さなのでそこを改善が無ければ詰め物が取れてしまうこともあるので、寝ている間の歯ぎしり・くいしばりによる力を拡散させるマウスピースの装着をお勧めいたします。

このページの先頭へ