歯とタバコは関係あるの?

歯とタバコは関係あるの?

こんにちは。JR高槻駅近くにある宮地歯科医院のスタッフです。

タバコといえば肺がんになるというイメージをお持ちの方がほとんどかと思います。

実はタバコは肺がんだけではなく歯やお口の中にもさまざまな悪影響を及ぼすとっても危険なものなのです!!

歯や歯茎の変色

歯はヤニ₍タール₎によって着色され黄ばんだり黒ずんだりし、更にヤニはこびりつくとなかなか歯ブラシではとれません。

タバコに含まれているニコチンと一酸化炭素には血管を収縮させ歯茎の血流を悪くさせたり、赤血球のヘモグロビンと結びついて血液に酸素を送りこむことを妨げる作用があります。通常の健康的な歯茎はピンク色をしているのですが、タバコを吸うことにより血液がスムーズに流れなくなり黒ずんだり赤紫色になります

虫歯になりやすくなる

タバコを吸うと自立神経の働きによって唾液の量が減り、本来お口の中の細菌を洗い流す作用が低下してしまいます。そして、タバコのヤニはベタベタしているのでその部分に歯垢が停滞しやすく、虫歯の原因である歯垢(プラーク)が溜まりやすくなってしまうのです

歯周病を引き起こす

タバコを吸うことによって身体の免疫力が低下し、歯周病にかかりやすくなります。歯周病はあまり自覚症状のないまま進行していく病気です。タバコは血流を悪くさせるので歯茎の腫れや出血もしにくく、唯一歯周病であることを気づくこのサインを見逃してしまいやすいのです。さらに、歯周病をどんどん進行させ、治療した場合も歯茎の血流が悪いため治りも遅いのです

口腔ガンのリスクが上がる

口腔ガンとは口の中の粘膜にできるがんで、舌ガン、歯肉ガン、口底ガン、上顎洞ガン、口蓋ガンなど色々な種類があります。喫煙者の口腔ガン発生率はタバコを吸わない人と比べて約7倍も高いと言われているそうです。

 

このようにタバコの喫煙はお口にもたくさんの悪影響を及ぼします!

手遅れになる前に禁煙しませんか?タバコを吸わない方も周りにいる喫煙者の方に警告してあげてください!

このページの先頭へ