こんにちは、JR高槻駅近くにある宮地歯科医院のスタッフです。

ご出産されてすぐのお子様には まだ歯がありませんが、これから虫歯のない歯で成長されるには今から気をつけていただきたい事があります。

関連記事:

マイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

 

保護者のお口の管理

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯の原因となる菌はいません。菌が入るのは周りの人からの感染です。保護者のお口の中に虫歯菌が多いと感染のリスクは高まります。

・定期健診を受ける

定期健診で磨き残しのチェックやクリーニングを受けて清潔な状態を維持しましょう。

・食生活の見直し

間食回数が多いと虫歯菌が増えやすくなるので食生活も規則正しく(間食は1回まで。)、糖質を含む飲食物の摂取時間や回数を少なくしていただくと効果的です。

・感染させない

定期健診や食生活で虫歯菌が増えるのを抑える事はできますが虫歯菌がゼロになっているわけではないので噛み与えをしないお子様と同じスプーンや箸を共有しないなどの感染経路を遮断する必要があります。

授乳

母乳にも糖質が含まれています。母乳を欲しがる度に与えたり、夜間に授乳する事は虫歯菌を定着させやすいのでなるべく控えましょう

まとめ

この時期 保護者のお口の中の健康管理お子様に感染させない事が最重要となっております。

お子様が誕生されて 生活が変わる時期に なかなかご自身をケアするお時間は取り辛いかもしれませんが、お子様の綺麗な歯のためにも できるだけご自身のケアも大切にして下さいね。

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

マタニティ歯科検診(保険治療内)を行なっております。266

2022.02.28
マタニティ歯科検診(保険治療内)を行なっております。

8月お盆休みの休診日のお知らせ255

2022.07.25
8月お盆休みの休診日のお知らせ

歯ぐきが痩せてきた!219

2019.03.19
歯ぐきが痩せてきた!

月別アーカイブ