こんにちは 高槻駅すぐの歯医者、宮地歯科医院です♪

今回は、歯科におけるレントゲン撮影の必要性について少しお話します。

当院では、初診で来院された患者様には必ず、レントゲン写真の撮影をさせて頂いております。

お口の中を見ただけでは分からないような歯やアゴの骨状態をみたり、根っこの病気などをいち早く発見するには、レントゲン写真の撮影は必要不可欠です。

当院で取り扱っている撮影方法は主に3種類あり、パノラマデンタルCTと呼ばれています。

パノラマでは、アゴの骨を含めたお口全体を2次元的に撮影することができます。

虫歯があるか、顎関節症の傾向があるか、歯の本数は揃っているかなどを診断することができます。

特にお子様であれば、先天的な永久歯の欠損なども発見することが可能になります。

デンタルでは一度に3~4本の歯を拡大して撮影することができ、歯や神経の状態を2次元的に、より鮮明にみることができます。

詰め物や被せ物の下にできてしまった虫歯の深さや、歯の根っこの破折などを発見することが可能となります。

初診で来院された患者様には、パノラマデンタルの撮影をさせて頂いております。

 

 

最後にCTですが、パノラマやデンタルとは違い、歯やアゴの骨の状態を3次元的にみることができます。立体的に映し出すことによって、抜歯やインプラントの計画をスムーズに行うことができます。

このように、お口の健康を守り、病気があった場合にはいち早く発見できるようにレントゲン写真の撮影は必要不可欠なのです。

もしも撮影に関して不安がある方は、スタッフに気軽にお声掛け下さいね🦷

 

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

歯茎が痩せる「歯肉退縮」とは?2,410

2017.03.31
歯茎が痩せる「歯肉退縮」とは?

歯の治療後の食事の工夫~歯にやさしい食事とは?2,146

2018.04.12
歯の治療後の食事の工夫~歯にやさしい食事とは?

子供の歯の変色は、虫歯?1,795

2018.07.26
子供の歯の変色は、虫歯?

月別アーカイブ