JR高槻駅近くの宮地歯科医院のスタッフです。 こんにちは。 皆さま一...">

JR高槻駅近くの宮地歯科医院のスタッフです。

こんにちは。

皆さま一度はなったことがある方が多いであろうむし歯。

実はむし歯には、どこまで進行しているかによって段階(CO~C4)があり、その進行度合いによって様々な症状が見られます。

 

むし歯は早期発見(C1~C2)・早期治療が皆さまの負担も少なくおすすめです。異変を感じたらすぐに歯科医院を受診しましょう。

 

さて、今回はむし歯の進行段階とその症状についてお話させていただきます。

まず、むし歯の進行には5つの段階(CO~C4)がありそれぞれの段階によって症状が変化していきます。

<CO> エナメル質表面が脆くなり白く変化します。この段階は初期う蝕といい治療の必要はありませんが、歯ブラシや糸ようじ(フロス)による念入りな清掃が必要です。

<C1> 歯の表面、エナメル質内に小さな穴があき始めた状態です。まだ痛みはなく気がつかないことも多いです。

<C2>C1からさらにむし歯が進み、エナメル質の下にある象牙質までむし歯になってしまい、冷たいものや温かいものがしみます。この頃から何もしなくても痛む、という方が出始めます。

<C3>むし歯の穴が神経まで達し眠れないほどの強い痛みを感じます。この段階まで来ると神経治療が必要になりますが、歯髄温存療法が適応であれば、神経を抜くことなく治療することが可能です。詳しくはこちら

<C4>歯が全体的に溶けてしまう大きなむし歯になり神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。歯の根の先に膿の塊が出来て歯茎がぷっくりと腫れる方もいらっしゃいます。この段階まで進んでしまうと、歯を抜かなければならなくなる場合があります。

 

このようにむし歯は進行状態によって痛みの種類や状態が変化していきます。擦り傷や切り傷と違い、むし歯は決して自然に治ることはありません我慢できる程度の痛みだから大丈夫、痛みが治まったから治ったのだろう、と放置してしまうといつの間にか進行してしまい、最悪の場合歯を抜かなければならなくなります。

 

軽度のむし歯(C1~C2)のうちは治療内容や費用も負担の少ないものになり、また通院回数が減るなど患者さまにとってもメリットが大きいです

 

当院では、3ヶ月に一度の定期健診をさせていただき、虫歯の早期発見・早期治療に尽力しております。虫歯があるかも…と思われた方、またそうでない方も是非一度お電話ください。お待ちしております。

 

お電話はこちらから

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

マタニティ歯科検診(保険治療内)を行なっております。365

2022.02.28
マタニティ歯科検診(保険治療内)を行なっております。

8月お盆休みの休診日のお知らせ350

2022.07.25
8月お盆休みの休診日のお知らせ

歯ぐきが痩せてきた!292

2019.03.19
歯ぐきが痩せてきた!

月別アーカイブ