こんにちは!JR高槻駅近くにあります宮地歯科医院のスタッフです。

 

歯医者で「親知らずは抜いたほうがいいですね。」と言われたご経験はありませんか?

そもそも親知らずを抜く必要があるのか?についてお話させていただきます。

◆親知らずって何??

親知らずとは前歯から数えて8番目にある第三大臼歯のことを言います。

20歳前後から生えてくるので、その頃には親は子のお口の中を見ることがないので、「親知らず」と言われるようになりました。

現代人は、以前に比べると、硬いものを食さない傾向にあり、顎の発達が減り、顎もシャープなので親知らずが生えてくるスペースが足りず、横向きなど、正しく生えてこない人が増えてきています。

 

◆親知らずは抜くべき??

親知らずの生え方によって抜いたほうがいいのかも違ってきます。

親知らずはお口の中の一番奥にあるので磨きにくいです。親知らずだけではなく一番奥にある歯はむし歯や、歯周病にかかりやすいと言われています。

親知らずは、年齢が上がるにつれて、歯の根っこの部分が完成されていき、根っこと骨とのすき間がなくなり癒着していきます。そうすると親知らずは抜きづらくなる場合もあります。

◆親知らずを抜くと腫れる??

上、下の親知らずでは、生え方によって抜きやすさ・腫れ・痛みの度合いも違ってきます。

上の親知らずは比較的腫れにくく、痛みも少ないです。ですが、親知らずのすぐ上には上顎洞(副鼻腔)があり、歯の根っこが完成されていればいる程、上顎洞に近くなるので、抜歯の際貫通してしまう場合もあります。貫通すると、骨が再成されるまで鼻から空気が漏れることもあります。

歯の根っこが完成されていない若い間に抜くほうがリスクは少ないといえます。

下の親知らずは、抜歯には診査が必要な場合があります。

下あごには、皮膚の感覚を司る大きな神経が走っています。親知らずを抜歯の際に、歯の根っこの部分が神経に当たると、一時的に痺れが出ることもあります。時間経過とともに回復していきますが注意が必要です。

あらかじめ、3次元的に状態を確認できるCTを撮ることが望ましいです

当医院でもCT撮影の機器を導入しておりますので、抜歯の際は的確な診断ができます。

親知らずに痛みが出ており、腫れている場合は、麻酔が効きにくいこともあるのでその日の抜歯ができない場合もございます。

早めに診察を受けられることをおすすめ致します。

 

 

高槻の歯医者「宮地歯科医院」

〒569-1116
大阪府高槻市 白梅町4-13 ジオ高槻ミューズEX 4階
※JR東海道本線「高槻駅」北口徒歩3分

HP:https://www.miyaji-dc.jp/
Google Map:https://goo.gl/maps/WP7WE6XsX7z
電話:072-668-2578

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

歯茎が痩せる「歯肉退縮」とは?1,892

2017.03.31
歯茎が痩せる「歯肉退縮」とは?

歯の治療後の食事の工夫~歯にやさしい食事とは?1,572

2018.04.12
歯の治療後の食事の工夫~歯にやさしい食事とは?

院長が歯科の学術大会で表彰されました!1,270

2022.11.06
院長が歯科の学術大会で表彰されました!

月別アーカイブ